2014年3月16日日曜日

支援艦隊 支援射撃の仕様と編成について改めて考える

5-5など支援艦隊の重要性が増してきそうなので
改めて支援射撃の仕様と編成について考えてみる
たまに更新


基礎知識


・支援は旗艦をキラキラ(戦意高揚)にする事で発生率が上がる
 →ボス支援は恐らく100%
 →道中支援は来ない事もある。6隻キラで来てくれる確率が上がるという説もある
・疲労度・キラキラは支援射撃の命中率に影響するとされている
・支援射撃は交戦形態、陣形の効果を受ける
・支援射撃には空母・軽空母・水上機母艦を計2隻まで入れる事が可能
・支援射撃の燃料は回復しないで出撃する事で節約できる
 →2014/8/8アップデートで未補給では支援艦隊を出せないように修正


【戦艦主砲】の装備補正の付加
7/28アップデートで追加された仕様

・艦型にフィットした「主砲」系装備を搭載した場合は命中率向上
・艦型に対して大型で過重量の「主砲」系装備を多数積載した場合は命中低下

これが支援射撃にも適用されている可能性あり
「46cm三連装砲」を大和型以外で3以上装備するのは避けた方が良いかも


各艦の攻撃力と消費資源量


支援射撃のダメージ計算は通常戦闘の砲撃戦と同じと仮定
※空母攻撃力 =基本攻撃力 = [(火力 + 雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3]) × 1.5] + 55
※戦艦攻撃力= 火力+5
※合計攻撃力の小数点切り捨て

戦艦はとりあえず46cm砲×2の状態

戦艦 基本攻撃力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
大和改 144 46cm三連装砲(火力26) - - 196 250 325
武蔵改 144 46cm三連装砲(火力26) - - 196 250 325
Roma改 110 46cm三連装砲(火力26) - - 162 140 170
霧島改二 109 46cm三連装砲(火力26) - - 161 100 125
Italia 107 46cm三連装砲(火力26) - - 159 140 170
長門改 104 46cm三連装砲(火力26) - - 156 100 160
陸奥改 104 46cm三連装砲(火力26) - - 156 100 160
Bismarck drei 104 46cm三連装砲(火力26) - - 156 110 155
扶桑改二 104 46cm三連装砲(火力26) - - 156 105 140
山城改二 103 46cm三連装砲(火力26) - - 155 105 140
金剛改二 103 46cm三連装砲(火力26) - - 155 100 125
比叡改二 103 46cm三連装砲(火力26) - - 155 100 125
榛名改二 101 46cm三連装砲(火力26) - - 153 100 125
扶桑 99 46cm三連装砲(火力26) - - 151 85 120
山城 99 46cm三連装砲(火力26) - - 151 85 120
日向 99 46cm三連装砲(火力26) - - 151 85 120
伊勢 94 46cm三連装砲(火力26) - - 146 85 120
伊勢改 84 46cm三連装砲(火力26) - - 136 95 105
日向改 84 46cm三連装砲(火力26) - - 136 95 105
空母 火力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
飛龍改二 64 彗星一二型甲(爆装10) 229 70 75
大鳳改 59 彗星一二型甲(爆装10) 221 90 75
蒼龍改二 57 彗星一二型甲(爆装10) 218 70 75
加賀改 49 彗星一二型甲(爆装10) 206 80 80
赤城改 49 彗星一二型甲(爆装10) 206 75 75
雲龍改 48 彗星一二型甲(爆装10) 205 50 55
天城改 45 彗星一二型甲(爆装10) 200 50 55
葛城改 45 彗星一二型甲(爆装10) 200 50 55
翔鶴改 39 彗星一二型甲(爆装10) 191 65 70
瑞鶴改 39 彗星一二型甲(爆装10) 191 65 70
軽空母 火力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
龍驤改二 40 彗星一二型甲(爆装10) 193 40 45
隼鷹改二 40 彗星一二型甲(爆装10) 193 45 50
千歳改二 34 彗星一二型甲(爆装10) 184 45 40
千代田改二 34 彗星一二型甲(爆装10) 184 45 40
龍鳳改 32 彗星一二型甲(爆装10) 181 35 40
飛鷹改 29 彗星一二型甲(爆装10) 176 45 45
隼鷹改 29 彗星一二型甲(爆装10) 176 45 45
祥鳳改 29 彗星一二型甲(爆装10) 176 40 40
瑞鳳改 29 彗星一二型甲(爆装10) 176 40 40
鳳翔改 29 彗星一二型甲(爆装10) - 157 30 30
火力とコストのバランスを見ると空母系の方が優秀
戦艦は過重量ペナルティが入り使い勝手が悪くなったため
空母系2は固定で良いと思われ
戦艦の装備に関してはどうするかかなり悩むところ

≫戦艦フィット砲装備verを開く

戦艦フィット装備(仮)


・フィット砲(仮)
35.6cm連装砲:金剛型 扶桑型 伊勢型
38cm連装砲改:Bismarck
41cm連装砲:長門型
381mm/50 三連装砲改:イタリア艦
46cm三連装砲:大和型

戦艦 基本攻撃力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
大和改 144 46cm三連装砲(火力26) - - 196 250 325
武蔵改 144 46cm三連装砲(火力26) - - 196 250 325
Roma改 110 381mm/50 三連装砲改(火力21) - - 152 140 170
霧島改二 109 35.6cm連装砲(火力15) - - 139 100 125
Italia 107 381mm/50 三連装砲改(火力21) - - 149 140 170
長門改 104 41cm連装砲(火力20) - - 144 100 160
陸奥改 104 41cm連装砲(火力20) - - 144 100 160
Bismarck drei 104 38cm連装砲改(火力17) - - 138 110 155
扶桑改二 104 35.6cm連装砲(火力15) - - 134 105 140
山城改二 103 35.6cm連装砲(火力15) - - 133 105 140
金剛改二 103 35.6cm連装砲(火力15) - - 133 100 125
比叡改二 103 35.6cm連装砲(火力15) - - 133 100 125
榛名改二 101 35.6cm連装砲(火力15) - - 131 100 125
扶桑 99 35.6cm連装砲(火力15) - - 129 85 120
山城 99 35.6cm連装砲(火力15) - - 129 85 120
日向 99 35.6cm連装砲(火力15) - - 129 85 120
伊勢 94 35.6cm連装砲(火力15) - - 124 85 120
伊勢改 84 35.6cm連装砲(火力15) - - 114 95 105
日向改 84 35.6cm連装砲(火力15) - - 114 95 105

35.6cm砲にすると火力がかなり落ちるので
いくら命中が高くても微妙になってくる感
特に改二じゃない航空戦艦はもう重巡で良いんじゃないかなといった感じ
フィット砲4積みはそれほど命中に悪影響がないっぽい?らしいので
フィット砲を積むなら3~4にした方がよさげ


支援射撃編成例


省エネ型 【軽空母2 駆逐艦2】

名前 火力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
龍驤改二 40 彗星一二型甲 32号電探 173 40 45
隼鷹改二 40 彗星一二型甲 32号電探 173 45 50
夕立改二 73 10cm連装高角砲 33号電探 - 82 15 20
綾波改二 70 10cm連装高角砲 33号電探 - 79 15 20
お馴染みの省エネ艦隊
資源のかからなさが最大の魅力。攻撃力も十分高い

装備1枠を電探に使っても龍驤・隼鷹改二や「ちとちよ」の攻撃力は高く
単縦陣+同航戦の攻撃力150キャップをオーバーする
反航戦では187辺りからキャップなので火力重視なら艦載機4積みもあり


バランス型【戦艦2 軽空母2 駆逐艦2】

名前 火力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
霧島改二 104 46cm三連装砲 32号電探 161 100 125
金剛改二 98 46cm三連装砲 32号電探 155 100 125
龍驤改二 40 彗星一二型甲 32号電探 173 40 45
隼鷹改二 40 彗星一二型甲 32号電探 173 45 50
夕立改二 73 10cm連装高角砲 33号電探 - 82 15 20
綾波改二 70 10cm連装高角砲 33号電探 - 79 15 20
コストと火力のバランス型
軽空母で火力は十分として残りに戦艦を入れた編成
空母を3以上にしてしまうと航空支援になってしまうので注意

金剛型改二の装備を46cm砲2つに抑えても攻撃力150には到達する
フィット砲の35.6cmを3~4積みするのもありっぽい


火力特化型【大和型2 飛龍改二 大鳳 駆逐艦2】

名前 火力 装備1 装備2 装備3 装備4 合計攻撃力 燃料 弾薬
大和改 139 46cm三連装砲 248 250 325
武蔵改 139 46cm三連装砲 248 250 325
飛龍改二 64 彗星一二型甲 229 70 75
大鳳改 59 彗星一二型甲 221 90 75
夕立改二 73 10cm連装高角砲 - 82 15 20
綾波改二 70 10cm連装高角砲 - 79 15 20
火力が高い順に入れただけの編成
支援射撃は陣形の影響を受けるので
複縦陣や輪形陣で戦わないといけない戦闘では出番があるかも
複縦+反航戦で攻撃力キャップ230くらい。消費資源が怖い


まとめ

基本的に支援射撃では「軽空母2 駆逐艦2」まで固定で良いと思われ
戦艦2を加えるかどうかは状況次第
火力を重視したい場合は軽空母の代わりに攻撃力の高い正規空母を使うのも選択肢に
【戦艦主砲】の装備補正が追加されたので46cm砲3以上はやめた方が良いかも
雷撃支援と航空支援に出番は来るのか







4 件のコメント:

  1. 匿名5/08/2014

    Wikiwikiによると

    砲撃戦(空母系以外)
    基本攻撃力 = 火力 + 5

    とありますが、当記事内の戦艦達の「合計火力」の項目に+5しなくても良いのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 指摘ありがとうございます。
      +5にした方が良いですね。
      「合計火力」から「合計攻撃力」に書き換えて+5した状態に書き直します。

      削除
  2. 匿名8/17/2014

    ビスマルクが記載されていませんが、単なる抜けでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. すっかり忘れていました。追加しました。

      削除